本文へスキップ

ダイエット食事と適切な運動で目標を達成しましょう

無理せず成功する基礎知識

ダイエット食事ガイド

リバウンドしない理想的なダイエットを見つけましょう

ダイエットは成功したと感じても、その後のリバウンドしては意味がありません。
無理なダイエットで、単に減量ができても、体や気持ちに負担をかけた減量ではその後リバウンドしてしまうケースが大半です。

リバウンドしない為に、継続できるダイエット食事と適度な運動などの生活習慣を身につけることが大切です。
また、ひとそれぞれ長期的に実践できるダイエットのメニューは異なります。
ダイエット食事ガイドでは、おススメのダイエット関連情報もご紹介しています。

ダイエットの前に、まずは太るメカニズムを理解しましょう

基礎代謝を高め「太る身体」にさようなら

ダイエットをする前にまず最初に、「なぜ太るのか、どうすれば痩せるのか」というメカニズムを理解する必要があります。
ひと口に肥満といっても、脂肪のたまる場所もいろいろで、大きく分けて二カ所あります。
一つは腎臓の後ろや腸間膜など、内臓周囲に脂肪がたまる場合です。
これは腹腔内肥満と呼ばれ、男性ホルモンと深く関係しているため、一般に男性に多発します。心臓病・糖尿病などさまざまな成人病につながりやすい肥満です。

もう一つは皮下に脂肪がたまる肥満です。皮下脂肪が身体にまつわりつくようにたまりますが、これは成人病とのつながりは比較的薄い肥満ですが、女性ホルモンンが関与しているため、女性に多い肥満です。普段から適度な運動と理想的なダイエット食事を心掛けることで、肥満を避けることは可能ですが、これからダイエットを実践しようとしているかたは、まず基礎知識をしっかり覚えてください。

私たちは食事をすると、身体や食物のエネルギーの一部を熱にします。程度には個人差がありますが、食事をすると少し体温が上がります。
よく「太るタチ」といった言葉を耳にしますが、このような人の場合、食後の熱の生産と放散が鈍く、食後の体温が低い傾向を示します。これは基礎代謝が低いからです。

一方、太らないタチの人の場合は、食後の熱の生産と放散が活発で、体温が高くなっています。このことには筋肉が関係しており、太るタチの人の身体には、白い筋肉が多くなっています。
この筋肉はエネルギー生産のために、酸素を使わずグリコーゲンを分解して乳酸をつくる無酸素エネルギー代謝を行っています。乳酸は疲労のもとになるため、この筋肉を使う運動を長く続けることはできません。

しかし、瞬間的に多量のエネルギーをつくることができまずから、日本人は、この白い筋肉が多い相撲や柔道など瞬発力を必要とするスポーツを得意とするのです。
一方の太らないタチの人には、赤い筋肉が多いのです。
この筋肉はマラソンなどをする人に多く、酸素を使ってエネルギー生産を行います。
その原料として脂肪が使われるため、この筋肉は脂肪をよく燃やします。

また、この有酸素エネルギー代謝では疲労物質が生産されないので、この筋肉を使う運動は長く続けることができます。
トレーニングをすると、私たちの身体の白い筋肉の一部が赤い筋肉になり、脂肪を燃やすようになります。その結果として、トレーニングをしたあとは身体の筋肉全体が活性化して、脂肪を分解する能力が高まります。

ところで、肥満と深いかかわりを持つ基礎代謝ですが、これは、朝の起床時に仰向けに寝た姿勢で体が営む物質代謝のことで、その量を基礎代謝量(BMR)と呼びます。
BMRは人聞が生きていくうえで最小限必要なエネルギー量を意味するものですが、大部分は体温を維持するための熱産生に消費されます。
この基礎代謝は15〜18歳の年代に最高に達した後、徐々に低下していき、四十歳前後から急降下します。基礎代謝は全身のエネルギー代謝が総合されたものですが、その35%前後は筋肉の代謝によって占められ、それに次いで約13%を肝臓が占めています。

ダイエット食事と運動をすると成人病が予防できるのは、運動によって筋肉の量と代謝活性が高く維持され、基礎代謝の低下が抑えられるので、脂肪の分解力が良好に保たれるためだと理解できます。
基礎代謝が低いと、睡眠中はもちろんのこと活動中のエネルギー消費も小さくなり、食事誘発性体熱産生も低下します。その結果、全体の消費エネルギーが小さくなって肥満につながるわけです。
基礎代謝は健康全般を支配します。適切なダイエット食事の習慣と運動が肥満防止だけでなく、健康の維持増進に有効に作用するのは、筋肉に対する運動効果が基礎代謝の向上につながるためなのです。

無理な減量・減食は命とり

中年を超えた人たちが共通して抱いている不安、それは老後に対するものです。
体が弱って、動けなくなってしまったらどうしよう。そんな老後に対する不安を、内々に考えているときに、自分の体力の衰え、筋力の低下、足腰の弱りなどを覚え始めている人たちが多いです。 そのような方たち断言できるのは適度な運動とダイエット食事を取り入れた生活をすることです。

運動は筋肉のたんぱく質合成を促すとともに、骨のたんぱく質(コラーゲン)の合成も刺激するので、丈夫でがっちりした筋骨づくりができます。またダイエット食事は栄養バランスなど、摂取する食事を見直すことがダイエットの成功と、その後のリバウンド対策には不可欠です。本サイトでは運動方法や具体的なダイエット食事を紹介していますので、是非ダイエットにお役立てください。

ところで、中年のお父さんやお母さんたちの中には、自分たちの娘の、異常な減食ダイエットが、体に害があるのではないか、と大いに心配していることをよく聞きます。
その一つの例を紹介すると、中学生の娘さんが、ジョギングを激しくしながら、減食を続けて、か細い体になってしまって、大変心配だという相談がありました。

なぜ、若い女性たちにこのような異常な減食・減量ダイエットが流行するのか、その背景は単純です。食事を減らすと体重が減るからです。しかし、減食・減量によるダイエットは、誠に危険であり、その後遺症を考えれば、誰もが「絶対にやらないほうがよい」と納得できるはずです。もちろん、無理のないダイエット食事を摂ることは理想的なダイエットの手段ですが、無理な減食は論外です。

無理なダイエットは骨量を減少させて、高齢に達したときに骨粗しょう症にかかって骨折し、寝たきり人生に陥る危険が高まることです。そのことを示す実験例を紹介しましょう。
減食に頼る減量は、必ず骨量を減らしてしまいます。これが、減食・減量を絶対実行してはいけない第一の理由です。

無理なダイエットは絶対にしないこと

若い女性の減食ダイエットには、もう一つの心配があります。それは食事をとることを罪悪とまで思い込んでしまった場合です。
それは神経性食欲不振症などと呼ばれますが、減食生活が長期間にわたることになるので、後遺症はさらに深刻になるからです。無理な減食とダイエット食事は全く概念が異なりますので、食事についてもダイエット食事について理解を深めてください。

神経性食欲不振症に陥っている人たちの骨量は腰椎骨で著しく少なく、合わせて血中女性ホルモン量が異常に少ないことが認められています。これは、減食による皮下脂肪の異常な減量によって、女性ホルモンの合成が不十分となり、無月経症にまで落ち込んでしまうためです。
女性ホルモンが不足すると骨のミネラルが溶出して、骨量の減少を引き起こします。

そこで、ダイエットには有効だと専門家も推奨するジョギングなどを実行したらどうかということになりますが、走ることを専門としている女子マラソン選手には、無月経に陥っている選手の比率が高いといわれています。
そして、それが原因として、女子マラソン選手の中には骨量の少ない者が多いことも知られています。
無月経に陥ると、ジョギング運動などをしていても、骨量を正常化することが不可能であることを示唆しています。したがって、女性の場合、月経異常をひきおこす危険性の高い減食による減量は、絶対に避けるべきものであることを、よく認識すべきです。

大切なことは無理なダイエットをせず、適切・適度な運動と、ダイエット食事を摂ることです。

最新情報

  • 急ぎの引越しや、夜間の引越しにも対応できる引越し業者をお探しの方は、一括見積もりのホームページを利用することで条件に合う業者が見つかります。
  • あなたの街の近くでも、きっと素敵な出会いが見つかる出会い系サイトPCMAXについてはコチラからどうぞ。
  • ドライバーにとって気をつけていても身に降り掛かるのが自動車事故です。もしもの時に後悔しないためにも保険はしっかり選んでおきましょう。初心者の方にも分かりやすく自動車保険を選ぶ為のポイントを解説しています。
  • 自動車保険選びも、今はインターネットの時代です。賢く自動車保険見積もり一括サービスを利用して、お得なプランを見つけましょう。
  • 真面目な出会いから大人な出会いまで、幅広いニーズに応えられるのが人気の理由です。日本最大級のコミュニティSNSであるワクワクメールで素敵な恋を見つけましょう。
  • 男女の出会いのサイトを使うなら、会員数が多くて安全なサイトを使いのがベストです。11年の実績を誇る信頼の出会いコミュニティのハッピーメールで楽しい出会いを見つけちゃいましょう。

informationお知らせ

  • 新着情報

    記事を更新しました。
  • AGAニュース

    薄毛対策薬のプロペシアは、男性型脱毛症の治療薬です。国内では、男性クリニックなどを受診すると処方されるお薬です。同成分のフィンペシアなどのジェネリック薬もありますが、国内で認可されているのはプロペシアになります。